​四方 幸子 Yukiko SHIKATA

キュレーター。多摩美術大学・東京造形大学客員教授、IAMAS(情報科学芸術大学院大学)非常勤講師、明治大学兼任講師。オープン・ウォーター実行委員会ディレクター。水、人間、都市、気象など世界に生起する様々な現象およびそれら相互の関係性を「情報の流れ」という視点から注目し、メディアアート、現代美術、自然科学、社会科学など諸領域を横断した活動を展開。これまでキヤノン・アートラボ(1990-2001)、森美術館(2002-04)、NTT インターコミュニケーション・センター[ICC](2004-10)と並行し、フリーで先進的な展覧会やプロジェクトを数多く実現。近年の仕事に札幌国際芸術祭2014 アソシエイトキュレーター、茨城県北芸術祭 2016キュレーター、メディアアートフェスティバル AMITディレクター(2014-2018)など。

© 2019 水辺からアプローチするアートシーンズ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now